必須項目と入力の手間

ネットで会員登録をするのが面倒という人もが多いのでないでしょうか。面倒だという気持ちを抱えながらもさらに入力に時間がかかる場合や何度もエラーが出ると、もういいやとあきらめてしまうでしょう。
そこで企業側としてはエントリ―を簡単にそして明確にすることで、迅速に登録をしてもらうフォームを作ることが大事です。

そこで使用されるのがEFOです。EFOとはエントリ―入力最適化という意味があり、いかに手短にわかりやすくし途中離脱を少なくするかを目的として作られています。
特に入力の中でも必須項目の未記入が問題になっています。必須項目は他の項目とは違うということを明確にすることで、記入漏れを防ぐことができます。記入欄の名称の横に目立つように赤文字で必須と書くパターンや必須項目全体がピンク色で表示されるなどの工夫が必要です。

そしてもう一つのポイントは入力の手間をどれだけ省くのかという点です。
一番面倒となる住所の登録は、郵便番号を入力するだけで番地以外の住所が表示されるなどの工夫が必要です。そうすることで住所の入力ミスも防ぐことができ、正しい個人情報を入手することができます。少しでもユーザーの手間を省くことで時間の短縮やすぐに登録しようという気持ちにさせてくれます。

途中離脱と送信エラー

[...]

EFOの基礎知識

[...]